人気ブログランキング |
<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
(内陸の)イソヒヨドリ
図書館で本を探していると、鳥の鳴き声が聴こえた。
館内の放送かと思ったほどよく響く美声。
ガラス戸越しに黒い影の飛翔を認めて、テラスに出た。
テーブルで借りる予定の本を開いて待っていると、
頭上を二羽か三羽のイソヒヨドリがしきりに往来した。
今年の節句祭の会場に仲睦まじく現れたつがいなのか、
かれらの間に生まれた幼鳥が混じっているのか。
一週間前にも親子らしい二羽を見かけたが、確認まで至らず。

帰りは遠回りして、道草も喰った。
ノイバラ、ウツギ、テイカカズラなどの白い花。
オドリコソウはシーズンも終わりで、躍り疲れた様子。
ところどころの黄色い花はクサノオウ。
ヒメジョオンに大きな毛虫がいたが、何になるのだろう。
by r_bunko | 2011-05-25 23:21 | 自然
ユリノキとクローバー風羅
昨年見かけたスズメの養育広場を訪れたが、
今年はヒナの巣立ちが遅れているようで、
藪に突っ込んでいく親鳥の姿はあまりない。

足を延ばして、城山の峠入口まで。
麓の民家に大きく育ったユリノキが一本立っている。
娘さんの誕生記念に植えられたものと聞いている。
寄ってみるとちょうど花頃で、楽しませて貰った。

c0028055_2241548.jpg

峠道を少し入り、上下に池のある堤で一休み。
短いが時折麗しい声が聞こえるのはキビタキか?
クローバーを摘んでふうらにプレゼント。
しばらくはナナホシテントウムシも一緒だった。

昨年は二日月散歩で、帰りに月齢1.4の繊月、
今年は満月に向かう白い大きな月(月齢12.2)。
by r_bunko | 2011-05-15 22:51 | ふうら散歩
風羅堂
c0028055_313636.jpg

姫路にオープンした書肆風羅堂。主が詩人らしく詩書中心の本棚。
同世代のようで、懐かしい本の背がずらりと並ぶ。
値付けがまだで、とりあえず一冊、知念榮喜「ぼくはバクである」をもとめた。
奥にはビールやコーヒーが飲めるカウンター、
イベントやライヴも予定ということで楽しみな店が出来た。

風羅堂は、芭蕉の門人広瀬惟然の縁で姫路に代々受け継がれた。
一世に風羅坊芭蕉を据え、二世は風羅念仏の惟然、
三世が姫路の井上千山で書肆も営んでいたというから、水脈は続く。

ふうらかんも、また風羅坊の系譜であり、
ふうら外伝の陶像作りは、次に惟然と決めて果たせなかったもの。
そのうち増井山の麓に風羅堂跡を訪ねてみたい。

c0028055_372339.jpg

書肆風羅堂の並びにサックスを吹く黒人のフィギュア・オブジェがある。
顔はどう見ても、チャーリー・パーカー。
惟然とバードが蘇って、姫路はなんだか楽しくなった。
そう言えば、パーカーの直系も焦門と似た様なもので、
アドリブ・フレーズをそのまま再現する
スーパー・サックスなるグループも出現して驚いたことがあった。
by r_bunko | 2011-05-05 23:05 | 播磨
牡丹と黒猫
久し振りに姫路まで。
黄砂で霞んではいたが、山々は新緑、
ところどころにフジの紫釉がかかっていた。

美術館前で下りて、牡丹園へ。
姫路城は改修中。
天守閣は素屋根で覆われ、その壁面に絵が描いてある。
展望スペースからガラス越しに修理を見学することも出来るらしい。

c0028055_23594282.jpg

牡丹園は三の丸の高台にあり、約1500株が植えられている。
赤、白、紫、ピンク、紅……約80種ほどあるそうだ。
適度な間隔で咲いており、サクラやケヤキの緑と対比して美しい。

c0028055_002613.jpg

牡丹園でゆっくりしていると、黒猫に出くわした。
あとでもう一匹出て来たから、ノラ兄弟なのだろう。
自転車の老人が餌をあげると、鳴きながら食べる。
カラスもその餌を狙って、猫を追い払う。
牡丹園に黒い猫は似合うが、カラスは不釣り合いだった。

c0028055_01785.jpg

  黒 猫 の 飢 え の 真 昼 の ぼ た ん 園
by r_bunko | 2011-05-04 23:56 | 播磨
行く春や
夕方から散歩。
どんより曇って、スズメもムクドリもヒヨドリも
みんな大きく見える。

ボタンの蕾が幾つか。
幼く固くまん丸いのを一つ選んで、そっと掌でくるむ。
花のエネルギーをびりりと感じさせてくれる。
こちらからも気を送ってボタンのためになればいいのだが。

c0028055_206012.jpg

曇っているせいか、あちこちでチョウが休んでいる。
オオデマリの葉に一頭、
タンポポの綿毛に一頭。

コゲラが数羽、せわしく木登り、木つつき。
ホオジロに一筆啓上をおねだりして帰途につく。
行く春のキジの声も味わい深い。
by r_bunko | 2011-05-01 20:31 | 自然



詩と、絵と、ジャズと……星と鳥と……漂泊文庫便り
by r_bunko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
三日月散歩
at 2014-07-29 23:47
四つ葉のふうら杖
at 2014-06-30 23:54
GWW —ボブ・ディラン
at 2014-05-24 23:50
田舎の細道 —ジプシー・スイング
at 2014-05-18 12:57
ときにはシュール
at 2014-05-11 22:51
金屑と薔薇でフラメンコ
at 2014-05-10 23:30
草の筆で描いた2
at 2014-04-20 23:59
草の筆で描いた
at 2014-04-16 19:07
草の筆いろいろ
at 2014-04-16 19:02
春は五感満開
at 2014-04-14 23:51
カテゴリ
全体
アート
音楽
本・電子本
獏・夢
自然
天文
野鳥
ふうら散歩
北条石仏
播磨
HP・PC・WWW
さまざま
タグ
(73)
(63)
(62)
(46)
(38)
(37)
(36)
(36)
(35)
(31)
(31)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(23)
(21)
(19)
(17)
(15)
(14)
(14)
(13)
(5)
(5)
(3)
(2)
(1)
以前の記事
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...
リンク
お気に入りブログ
絵的生活
他力本願!
書をつま弾く、そして歌う。
ふらんす堂編集日記 By...
マリカの野草画帖
イーハトーブ・ガーデン
詩画倶楽部
ギャラリーきのこ
絵てがみに だんだん
あぴあみのポッケ
粥彦( のほほん社 )
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧