人気ブログランキング |
<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
小風羅
c0028055_0243620.jpg

梅に小鳥気分のふうら。
by r_bunko | 2009-03-27 23:20 | ふうら散歩
ダイサギのダンス

20日。
フラワーセンターに初めて行った。
山道を散歩。松籟フォルテッシモ。
この園ではカワラヒワが元気溌剌。
アトリは夏羽に変わり、頭部真っ黒で驚かせてくれた。
亀倉池の上空には初ツバメ3羽ほど。
隣接する小さな池にアオサギとシラサギ1羽ずつ。
このシラサギ、嘴が黄色、脚が黄色とあって、
それならクロサギ(白色型)ということになるのだが、
クロサギの黒いのは本州に居ても、
クロサギの白いのは奄美以南にしか居ないとのこと。

c0028055_337402.jpg

21日。一人自転車を飛ばして白黒をつけに行った。
午前中に着いたが現れたのは午後3時。
粘った甲斐あって、この日はさかんに動いて見せてくれる。
昨日は水に浸かったままだった脚の全貌も判明した。
腿の部分が見事な黄色で、ふしょと趾は黒っぽい。
(予想通り、なあんだ、のダイサギ)
水中をゆっくり歩き、足を抜いては、また差し入れる。
時々ちょっと震わせるのは魚を攪乱しているのだろうか。
三歩四歩進んで、つと(タンゴのように)向きを変えては、
跳び上がって舞い下りる——ということを何度かしてみせた。
なかなか味のある魚採りダンスではある。
ところでダイサギということはわかったが、
オオダイサギ、チュウダイサギの二種がいるそうな。

小さな池で、ダイサギを挟んで、
左側に潜水が巧みで泳ぎ回るカワウ、
右側に大きな魚を捕まえたものの呑み込めずに困っているアオサギ、
目の前をきらきら青い線で飛んでいったカワセミ。
by r_bunko | 2009-03-21 23:32 | 野鳥
ヒレンジャク
c0028055_011824.jpg

17日。
ふうら一人を連れて、
北条鉄道の線路沿いに播磨横田駅まで遠征。
モズの求愛給餌。
スズメの寄合所の若いクスノキ。
田毎のツグミ。

18日。
漠然とした予感があって、北山散歩コースへ。
桜の林に入ろうとした時、正面にハッとするシルエットが二つ。
おお、よくぞ! ヒレンジャクだ。
東屋に憩って、花見ならぬ鳥見を楽しむ。
十羽近くいたが、尾の黄色い方は見かけなかった。
by r_bunko | 2009-03-20 23:25 | 野鳥
my field, my birthday.
c0028055_228296.jpg

誕生日の空。北の里山。
自然からのプレゼントいろいろ。

○竹細工の玩具のように飛ぶツマグロオオヨコバイ。
 1cmほどの小さな蝉に似たカメムシ目の昆虫だが、飛翔時の色彩がきれい。
 黄色の翅に、青い尻。頭部には黒い斑点。バナナ虫の俗称もあるそうな。

○モズの物真似ショー。
 セキレイ、ホオジロ、ヒバリなどのフレーズを順番に歌ってから、
 だんだん細かく短く思いつくままといった風にいろんな鳥の節をまぜこぜ。
 嘴はつぐみ加減で、のどをコントロール、すました横顔で鳴くのが名人芸。
 尾はゆっくり円を描くのではなく、歌に合わせてリズミカルに。

○コーヤボウキの新芽。
 ぽちぽちと白い玉が細い枝について、早春の侘び。

○土筆一本。
 今年初見。

○イカル十数羽。
 モチノキの赤い実を啄む小群。
 こんなにたくさんのイカルを見るのは初めて。
 いつも独りで、ひっそり居るか、いい声で囀っているかだったから。

○ベニマシコ3羽。
 枯藪に隠れたホオジロを探している双眼鏡の視野に偶然。
 ♂2羽、♀1羽。まさかマイ・フィールドに来てくれるとはね。
by r_bunko | 2009-03-07 23:28 | 野鳥
ひな笛

少女たちの間に流行っているもの。
弾き語り用の簡易な楽器。特に小さな笛。
詩の朗読に使えるのではないかと、
値段を訊いてみると、50000円也。
なぜか八百屋が店頭で熱心に売りつけていたのだが、
「高いじゃないか」
少女たちにとってか、自分にとってか、怒りつけるぼく。

夢の中の話。
by r_bunko | 2009-03-03 23:15 | 獏・夢
鹿林(ルーリン)彗星

久々の星夜。
鹿林(ルーリン)彗星を見る。
レグルスの西。
肉眼では分からなかったが、双眼鏡でぼっーとした広がり。
5等級か。
これから向かうプレセペ星団の方は肉眼でも幽かに知れる。
デネボラの南では土星が輪を細くして輝く。
by r_bunko | 2009-03-02 01:10 | 天文
鳥いろいろに
c0028055_2142929.jpg

三月。
メジロが1羽満開の梅の木で夢見心地。
コゲラは2羽で恋愛期に入りつつあるのか。
エナガの1羽は虫を追って、蝶のように5、6メートル舞い下りた。
イカルは1羽梢でだんまり。まだ美声を聴かせない。
ルリビタキ♂、ジョウビタキ♀の2羽は同じエリアを棲み分ける。
カワセミが定時に現れないとなにやら心配でもある。
ヨシガモ♂はそろそろ北帰行か、いつの間にか姿を消した。
by r_bunko | 2009-03-01 23:15 | 野鳥



詩と、絵と、ジャズと……星と鳥と……漂泊文庫便り
by r_bunko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
三日月散歩
at 2014-07-29 23:47
四つ葉のふうら杖
at 2014-06-30 23:54
GWW —ボブ・ディラン
at 2014-05-24 23:50
田舎の細道 —ジプシー・スイング
at 2014-05-18 12:57
ときにはシュール
at 2014-05-11 22:51
金屑と薔薇でフラメンコ
at 2014-05-10 23:30
草の筆で描いた2
at 2014-04-20 23:59
草の筆で描いた
at 2014-04-16 19:07
草の筆いろいろ
at 2014-04-16 19:02
春は五感満開
at 2014-04-14 23:51
カテゴリ
全体
アート
音楽
本・電子本
獏・夢
自然
天文
野鳥
ふうら散歩
北条石仏
播磨
HP・PC・WWW
さまざま
タグ
(73)
(63)
(62)
(46)
(38)
(37)
(36)
(36)
(35)
(31)
(31)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(23)
(21)
(19)
(17)
(15)
(14)
(14)
(13)
(5)
(5)
(3)
(2)
(1)
以前の記事
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...
リンク
お気に入りブログ
絵的生活
他力本願!
書をつま弾く、そして歌う。
ふらんす堂編集日記 By...
マリカの野草画帖
イーハトーブ・ガーデン
詩画倶楽部
ギャラリーきのこ
絵てがみに だんだん
あぴあみのポッケ
粥彦( のほほん社 )
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧