人気ブログランキング |
<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
iBook G4 2代目

13日の金曜日にダウンしたノートがついに動かず、
思案の果てに同じiBook G4を中古で入手した。
もっともスペックは一段上の、最終最強モデル。

この間、PowerMac7500(180MHz)という古典マシンで、
死ぬほど遅い目・寒い目(廊下に置いてある)を味わってストレス山積。
そのせいでもあるまいが珍しく腰を痛めてしまい、
部屋ではよちよち歩き、けれども鳥見散歩にはしっかり出かけたりする。

それにしても、最新のMacBookでは所有ソフトが使えず、
OS10.5 LeopardではClassic環境が使えず、と悩ましい状況。

さて、新しく来たiBook、
      933MHz→1.42GHz (CPU)
      640MB→1.5GB (メモリ)
      40GB→160GB (HD)
      Combo Drive→Super Drive
      OS10.3.9→OS10.4.11
メモリにもハードディスクにも余裕が出て、DVDが焼けるのもまた楽しみ。
導入の機会を逸していたOS10.4 Tigerが手に入ったのもありがたい。
by r_bunko | 2009-02-27 23:00 | HP・PC・WWW
オジロビタキに逢いに

明石公園で、オジロビタキに逢ってきた。
のどが麗しい柿色の♂。
小柄な体で、ピッと尾を上げて、可愛らしいったら!
尾の白いところも見たし、ヒタキ科特有の地鳴きも耳にしたし。
一回目の出現は比較的ゆったり枝に止まっていたが、
二回目はあちらへこちらへと忙しなく飛び回る。
オジロビタキに夢中になっている頭上でエナガやメジロが枝移り、
足元ちかくにはシメやツグミが寄って来たりして、
カメラや双眼鏡もついうろうろ。

ここの野鳥は人馴れしているのか、ずいぶん近くで観察出来る。
そのせいか、カワラヒワやアトリがやけに大きく見えた。
と思ったら、オオカワラヒワだったよう。
これまであまり亜種を意識しなかったが…。

2月22日。ニーニーニーのヤマガラも現れて、この日32種。
by r_bunko | 2009-02-22 23:55 | 野鳥
鉄道ミステリー

明石駅の自動改札機。
相棒がするりと通り抜けた横のコースで独り通せんぼを喰らった。
粟生駅で同じ路線を2枚自動販売機で買ったのに、
手に戻された切符を見ると、なぜか滝野駅発で運賃不足。
当方の経路から外れた駅、発行時刻には別のレールバスに乗っていた。
切符を買った相棒の記憶では正規の運賃によるお釣りだった由。
駅員としばらくこのミステリーに格闘したが解決を見なかった。

 → 滝野 → 粟生 → 加古川 → 明石
        ↑
        北条町
北条線は第3セクター、独立精算。加古川駅に乗り換え改札口。

このところ電車で出かけると、珍妙なことばかり。
by r_bunko | 2009-02-22 23:30 | 播磨
青い鳥の競演
c0028055_0462742.jpg

19日。野鳥散歩。
コースで4度ルリビタキ♂に逢った。
彼の縄張り巡回時刻とぴたり一致したのか、
あるいは2羽か3羽の別個体なのか?
ルリビタキが池の中の朽ち木を飛び移っている背後で、
カワセミがダイビングという目眩くいっときもあった。

この日28種を確認。
マイ・フィールドでは最多だったかもしれない。
by r_bunko | 2009-02-21 23:32 | 野鳥
探鳥会でベニマシコに再会した
15日。偶々ネットで知った小野鴨池の探鳥会、相棒がぜひ行きたいと言う。
北条線からの参加者は見込まれていないのか、粟生駅集合時刻に7分間に合わない。
それでも追いつくだろうと乗ったレールバスが網引駅手前で10分間エンコ、
乗務員が独りで走り回って焦っていたが、こちらも焦った。

駅から歩き出してすぐそれらしい一行を認め合流、ノスリを観察中であった。
天気は上々、春の陽気で、ヒバリがうらうら囀っている。
加古川の堤をゆくと、アシ原にホオジロが出没、続いてベニマシコ。
このところ逢いたさが募っていた鳥だけに嬉しさ格別。犀川以来。
鮮やかな紅色で、やさしい声で鳴くが、正面から見るとまさしく猿子、
それでも人気は高く、しばしみんなを幸せな気分に染めていた。
流れにはオカヨシガモ、カイツブリ、イソシギ、イカルチドリなど。
カワセミも3回ほど現れた。

川を離れて鴨池までのコースでは、ミサゴ、ハイタカの猛禽2種。
播磨風土記に伝える伎須美野(きすみの)をワシやタカが滑空する。
小型のモズは早い巣作りか、巣材をくわえた1羽がいた。
森に入れば、トラツグミやシメなどの姿。ウグイスは笹鳴きも囀りも。

男池で昼食後は水鳥観察。
オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ヒドリガモなど、
種類も数も思ったより少ない。
ヒドリガモの中に、アメリカヒドリとの交雑種が1羽。
女池にはコハクチョウの姿はなく留守であった。

ここで鳥合わせをして解散。
全員で54種の野鳥を確認、個人的には49種。
それ以外に、朝の電車の窓からマヒワの群れ、帰りの万願寺川でコサギ。
他に、眉斑のはっきりとした黒っぽいツグミ形を見たが、特定出来ず。

探鳥会はなかなか楽しいものであった。
沢山の目と耳で探し、誰かが見逃したり、見失ったりしても、
他の誰かがしっかりカバーしている。
フィールドスコープの視野に収めた鳥は誰にも見せて下さるし、
判別の難しいものも相違点、特徴などをその場で教えていただける。
ただ、多人数の足音で、微細な地鳴きや囀りが聞き取りにくかったり、
警戒心の強い鳥を逃してしまったり、ということはあるかもしれない。
それでも鳥を学ぶには探鳥会はベストの機会だろうと思う。

野鳥リスト:
by r_bunko | 2009-02-16 23:28 | 野鳥
雨の日の鳥たち

雨が降り出したが、野鳥散歩強行。
ジョウビタキ♀の誘いに乗り、
ミヤマホオジロ小群の出迎えで元気になった。
公園への山径にシロハラ。
左の藪から右の藪へ何かが飛び抜ける。
また1羽、また2羽、今度は逆に。
小鳥たちにとっても横断コースがしっかりあるようだ。
山径を登らずにT池に。
バンの若者がお尻を見せて威嚇する。
雨にもかかわらず、シジュウカラやメジロなど、鳥の姿は案外多い。
先月ツグミが大騒ぎしていたピラカンサは一粒も無い。
林の木にヒヨドリが群がって、実を啄んでは代わる代わる水を呑みに
池との間を往復する。(そんなに喉ごしが悪いのか、苦いのか?
 あるいは餌の最も少ない時期、普段嘴を付けないものまで食って、
 毒分を水で薄めている——などということがあるのだろうか?)

池の南端、アサザの生育する辺りでヨシガモとバン2羽。
Uターンして引き返す途中で相棒が地鳴き、「何かいる!」
続いてさえずった。「青いよ、青い!」
土手の茂みから登場したのはルリビタキの♂。
チョロチョロと見え隠れしながらも、結構長く歓ばせてくれた。
今期は季節外れの囀りという耳の福にあずかっていたが、これで眼福も。
小さな双眼鏡でよくぞ見つけた、と功をたたえていると、
右手からもっと大きく青い鳥が来て正面に止まった。
なにやら昂ぶった雰囲気を感じるのか、落ち着きなく、水面も見ない。
大きく顔を上げて、警戒のシャックリを繰り返す。
しばらくして飛び去って行ったが、雨の日のカワセミはいっそう鮮やか。

これだけで十分の鳥見だったが、帰ってから気になる1羽を調べたら、
どう見てもシベリアアオジだというのがいた。
でもまさかね、というほどの珍鳥。
アオジは見馴れた鳥だから、違和をしっかり覚えてきたのだが…。
by r_bunko | 2009-02-11 23:18 | 野鳥
春浅し
c0028055_1233215.jpg

散歩に出たが、晴れたり翳ったり、風も強い。
道端にはいち早く咲き出したオオイヌノフグリ。
カンサイタンポポの気の早いのがぽつりぽつり。

神社の梅は玉菓子のような蕾がびっしり、朝日の方角の下枝に二三輪ほころぶ。

山池へ続く土砂採掘跡。
アオジ、カシラダカなどが枯れた草藪から飛び出す。
このあたり、いつ来てもイノシシの足跡を見るようになった。
すぐ近くに人家があるが、立ち入る人は滅多にいない。
たまにバス釣りに来た人と出会うだけ。

山池に目当てのカワセミ現れず、
下の古池にダイサギとカワウ二羽が仲良く並んでいる。

帰りの畑では、ホオジロが早々と囀り。春を呼び寄せていた。
by r_bunko | 2009-02-08 23:30 | 野鳥
春はバンドリンに乗って

相棒が音楽を聴いている。
ジャコー・ド・バンドリン。
——うん、立春の気分。なかなかいい。
とご機嫌よろしく。
by r_bunko | 2009-02-04 23:50 | 音楽
鬼(トラブル)は外!

iBookダウン。
このところ稼働中に電源が切れるトラブルが相継いだので、
ついにアダプターを注文。

チャイムに飛び出すと、節分の赤鬼だったりしたが、
その後届いた製品を繋いで大ショック。通電しない。
では、本体(の故障)か、とがっくり萎えた。

ようやく気を取り直し、元のアダプターに戻したところ、奇跡的に通電。
いつまた切れるか分からないので、ありがたくバックアップ作業に専念。
さて、このあとどうなることやら。
怖くてシステム終了が出来ない。
by r_bunko | 2009-02-03 23:30 | HP・PC・WWW



詩と、絵と、ジャズと……星と鳥と……漂泊文庫便り
by r_bunko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新の記事
三日月散歩
at 2014-07-29 23:47
四つ葉のふうら杖
at 2014-06-30 23:54
GWW —ボブ・ディラン
at 2014-05-24 23:50
田舎の細道 —ジプシー・スイング
at 2014-05-18 12:57
ときにはシュール
at 2014-05-11 22:51
金屑と薔薇でフラメンコ
at 2014-05-10 23:30
草の筆で描いた2
at 2014-04-20 23:59
草の筆で描いた
at 2014-04-16 19:07
草の筆いろいろ
at 2014-04-16 19:02
春は五感満開
at 2014-04-14 23:51
カテゴリ
全体
アート
音楽
本・電子本
獏・夢
自然
天文
野鳥
ふうら散歩
北条石仏
播磨
HP・PC・WWW
さまざま
タグ
(73)
(63)
(62)
(46)
(38)
(37)
(36)
(36)
(35)
(31)
(31)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(23)
(21)
(19)
(17)
(15)
(14)
(14)
(13)
(5)
(5)
(3)
(2)
(1)
以前の記事
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...
リンク
お気に入りブログ
絵的生活
他力本願!
書をつま弾く、そして歌う。
ふらんす堂編集日記 By...
マリカの野草画帖
イーハトーブ・ガーデン
詩画倶楽部
ギャラリーきのこ
絵てがみに だんだん
あぴあみのポッケ
粥彦( のほほん社 )
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧