人気ブログランキング |
2014年 02月 13日 ( 1 )
十露三百六十五句
「十露一句」が一年、365句と一巡りした。
ひょんなことから始まって、飄々体でやったのが良かったのだろう。
最後は病床、病体であったけれど、そこは俳句の強み、
世界の一片、永遠の一瞬で事足りて、文芸は成立する。
まあ、出来映えはともかく、日記類の苦手な身としてはよく続いた。
何事も簡素、素心をこころがけているから、
俳句も淡口、薄味になる。とこれは体のいい言い訳で、
その上での深みが出せなかった、というのが現在の力量だろう。

ざっと振り返って、十句ほど選んでみた。

  野遊のこどもらみんな神隠し
  春昼といふ金色の湯舟かな
  雨二日あぢさゐ軽き躁に入る
  花南天雀の喧嘩のちーぱっぱ
  風鈴を吊るせば風が客となる
  空に鞭入ればいななく風の馬
  山盧忌や盆地を出でぬ草の絮
  朝寒やがらがらがらと妻歌ふ
  虫喰ひの穴は枯れずに日の光
  心根も大根も干して甘くせり

別の時に当たればまた入れ替わりがあるだろう。
けっこう迷いもあっての十句で、俳句はこういうところも難しい。
付録に境涯二句:

  生涯の雨模様ならば虹を追ふ
  世にあれど独り小春の影法師
by r_bunko | 2014-02-13 19:37 | アート



詩と、絵と、ジャズと……星と鳥と……漂泊文庫便り
by r_bunko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新の記事
三日月散歩
at 2014-07-29 23:47
四つ葉のふうら杖
at 2014-06-30 23:54
GWW —ボブ・ディラン
at 2014-05-24 23:50
田舎の細道 —ジプシー・スイング
at 2014-05-18 12:57
ときにはシュール
at 2014-05-11 22:51
金屑と薔薇でフラメンコ
at 2014-05-10 23:30
草の筆で描いた2
at 2014-04-20 23:59
草の筆で描いた
at 2014-04-16 19:07
草の筆いろいろ
at 2014-04-16 19:02
春は五感満開
at 2014-04-14 23:51
カテゴリ
全体
アート
音楽
本・電子本
獏・夢
自然
天文
野鳥
ふうら散歩
北条石仏
播磨
HP・PC・WWW
さまざま
タグ
(73)
(63)
(62)
(46)
(38)
(37)
(36)
(36)
(35)
(31)
(31)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(23)
(21)
(19)
(17)
(15)
(14)
(14)
(13)
(5)
(5)
(3)
(2)
(1)
以前の記事
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...
リンク
お気に入りブログ
絵的生活
他力本願!
書をつま弾く、そして歌う。
ふらんす堂編集日記 By...
マリカの野草画帖
イーハトーブ・ガーデン
詩画倶楽部
ギャラリーきのこ
絵てがみに だんだん
あぴあみのポッケ
粥彦( のほほん社 )
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧