人気ブログランキング |
2014年 02月 10日 ( 1 )
呼吸は生物の一大事
風邪を引いた。
風邪対策に今冬は反射式ストーブを購入したのに。
お湯が涌かせて、鍋が煮られて、加湿が出来て……

さて、禁断の風邪を引いて、寝込んで、病院に行って、
新たな薬生活ということになった。
気管支拡張の吸入薬の助けを借りての生活だから、
いよいよ待ったなしの晩年ということになる。
いまはまだ風邪も脱けておらず、咳も続いているので、
薬の効果による呼吸具合は計りようもないのが残念。

まあ、若い頃には野垂れ死に結構などと、
突っ張っていたのだし、覚悟は出来ているが、
独りではともかく、相棒がいるとなるとそうもいかない。
たったひとり全部の作品を読んでくれていて、
ずっと才能を信じて支え続けてくれたのだから。
やっておきたいことはいっぱいある。
電子本作りもその大事であるけれど、
これがなかなか認知されず、茨の道がどこまでも。
 
   ※(追記)

c0028055_2224659.jpg

久々の遠出は山の上の病院。
その敷地から見た懐かしの蝸牛山。右に世界最大の地球儀時計。
東の散歩コースはこの界隈、山向こうの丸山公園、手前の谷田池。
カワセミ、イカル、ミヤマホオジロ、アカゲラ、ルリビタキ、ベニマシコ、
去年はウソやキクイタダキにも出会ったし、ヨタカやトラツグミもいた。

カラスウリ群落も、サザンカ市もこのあたり。
スズメウリの飾りをまとった小さな杉のクリスマス・ツリーがあったり、
暗い杉林の中に咲く背の高いコブシが人知れず満開だったり、
とびきり美声のアオジが、麗しい歌を聴かせてくれたりもした。

冬から春がそういったシーズンだけれど、今年はまだ訪れていない。
病院通いの二度、遠目に眺めただけ。
帰りに元気があったら蝸牛山経由で散歩、という案は、
寒さと風の冷たさで断念。気温がまったく上がらない。

薬はさらに一つ増えた。予想より一段悪い。
二週間後にいろいろ精密検査があるものの、一段覚悟を引き上げる。
呼吸は生物の一大事だとつくづく思う。
わが呼吸はいつかは止まるのだろうが、詩や俳句や絵の作品、
電子本の一冊一冊に、いつまでも新鮮な呼吸をとどめたい。
by r_bunko | 2014-02-10 22:33 | さまざま



詩と、絵と、ジャズと……星と鳥と……漂泊文庫便り
by r_bunko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新の記事
三日月散歩
at 2014-07-29 23:47
四つ葉のふうら杖
at 2014-06-30 23:54
GWW —ボブ・ディラン
at 2014-05-24 23:50
田舎の細道 —ジプシー・スイング
at 2014-05-18 12:57
ときにはシュール
at 2014-05-11 22:51
金屑と薔薇でフラメンコ
at 2014-05-10 23:30
草の筆で描いた2
at 2014-04-20 23:59
草の筆で描いた
at 2014-04-16 19:07
草の筆いろいろ
at 2014-04-16 19:02
春は五感満開
at 2014-04-14 23:51
カテゴリ
全体
アート
音楽
本・電子本
獏・夢
自然
天文
野鳥
ふうら散歩
北条石仏
播磨
HP・PC・WWW
さまざま
タグ
(73)
(63)
(62)
(46)
(38)
(37)
(36)
(36)
(35)
(31)
(31)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(23)
(21)
(19)
(17)
(15)
(14)
(14)
(13)
(5)
(5)
(3)
(2)
(1)
以前の記事
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...
リンク
お気に入りブログ
絵的生活
他力本願!
書をつま弾く、そして歌う。
ふらんす堂編集日記 By...
マリカの野草画帖
イーハトーブ・ガーデン
詩画倶楽部
ギャラリーきのこ
絵てがみに だんだん
あぴあみのポッケ
粥彦( のほほん社 )
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧