タグ:野鳥(春) ( 63 ) タグの人気記事
レディ・デイの歌、イソヒヨドリの歌
c0028055_22152162.jpg

7日に生誕99年のバースディ放送があったビリー・ホリデイ。
その頃から咲き始めた白菫。
ふっと思い立って相棒の陶像を置いてみた。
おやまあ、見事にクチナシの代わりになったではないか。
これは喜ぶだろうと写真を撮る。
ビリー・ホリディも、
彼女を魂の母とする陶像作者も、
スノープリンセスと呼ばれる白スミレも。

三年前には拾得で記念撮影。
その時は紫の斑点のあるソバカススミレが盛りだった。
何にもなしに勝手に咲いてくる花はありがたく、うれしいもの。
いつぞやの春に七輪咲いた口紅水仙は、
プレアデスの七人姉妹のように清楚で美しかった。

夕刻に散歩がてらの水汲み。
風邪で寝込んで以来自転車には乗っていない。
歩く方がいいだろうとの考えだけれど、町はゆるい坂だから。
駅前に来るといい声がした。
車の音がするのに物ともせず、瑠璃色の声で鳴く。
姿は見えないけれど、イソヒヨドリの歌。
しばらく耳を傾けていた。
[PR]
by r_bunko | 2014-04-11 22:17 | 音楽
ミサゴと日の暈
c0028055_2223352.jpg

朝、バス停へ向かう途中に見かけた光景。地下足袋干し。
なにやら鵜の日光浴に似て、思わずシャッターを切った。
c0028055_22241165.jpg

桜の頃に病院へ来るのは二年前以来。
この花の華やぎ、淋しさ、儚さ。
生死に関わる場所だけに、ここで眺めると感慨も深い。

今回再検査したスパイロメーターの数値は良好。
祭で歩き回った疲れは残っているが、徒歩で帰ることにした。
ゆっくり道路際の草木を調べながら坂を下る。

谷田池まで来ると、空に猛禽が一羽。
双眼鏡で追っていると、目の前でホバリングして急降下。
ダイビングした途端にカラスが二羽水面を襲った。
前には病院の上空でハヤブサとカラスのバトルを見たが、
この日はミサゴとカラス。
他にチョウゲンボウらしきも何度か飛んで、
狙われるのはヒヨドリが多いようだ。

公園の裏手まで来て、ちょっと思案したものの、山径へ。
こんな時は誘ってくる誰かがいつもいる。今日はアオジ。
さっと藪に飛び込まれたが、粘って、
茂みでくつろぐ姿をたっぷり見せて貰った。
ホオジロ、ヤマガラ、シジュウカラ、コゲラなどは声だけ。
カケスの飛ぶ姿は久し振り。

c0028055_22243593.jpg

山から下りて空の広いところでタカの行方を追っていて、
天頂の日暈に気が付いた。
そう言えば、月の暈は何度も天頂で見たが、太陽は無い。
鳥にでも教えられなければ気が付かないだろう。
およその見当でiPhoneで撮ってみた。
[PR]
by r_bunko | 2014-04-07 22:30 | 野鳥
ウソとハートとキツツキ
西か東か、三鬼の忌。
でも北に行った。
山裾の桜林。
鷽(ウソ)に会いたかったのだ。

  鷽鳥に会いに四月の第一歩

寒かった今年は花が一斉に咲いている。
梅こそ終わったが、連翹、雪柳、木瓜、梨、木蓮、そして桜。
足下には蒲公英、仏の座、姫踊子草、薺、種付花、胡瓜草。
菜の花や蓮華も畑を彩って、土筆もつくつくと出ている。
菫や水仙はいろいろな種類が楽しめる。

c0028055_23224458.jpg

畑にはハートも咲いていた。
四つ葉の羽がくるくる回る風向計。
春風には相応しい風景だね。
この畑の持ち主は、古い荷車を小川の橋に使ったり、
遊びのセンスがいい。どんな人だか知らないけれど。

さて、背高桜林。
猪対策の柵だらけで、径は一本。畦を伝って池から登る。
暢気に鷽と蕾を愛でるつもりが、七分か八分の咲きよう。
この東屋を桜の書斎にしたいと夢見たこともあった。
誰も訪れないのか、二面ある大机はうっすら緑の苔か黴。
ウソ吹きはいなかったけれど、キツツキが来た。

c0028055_23233075.jpg

[PR]
by r_bunko | 2014-04-01 23:32 | 自然
燕が来た sanpo
なかなか、ぽかぽかこない。
気温も低く風もあるが、適度に散歩しないと。
相棒は朝方、町外れの山に登ってヤマガラを見たらしい。
あののんびりした歌声は春を感じさせるね、
いいね〜、うらやましいね〜、と
夕刻一人でいつものコースに出た。

町を抜けるまでの家々の庭に、
ボケ、ミツマタ、ミモザなどを楽しませてもらっていると、
不意に空き地の空を切って翻った鳥がいた。
ツバメの第一羽で、来た頃は高くを飛ぶ。
しばらく無かったスピードが空に戻って新鮮。
雲もすこぶる速い。

村へ出て、畦道や農道をぶらぶら、
タンポポ、ホトケノザの彩り、ヒメオドリコソウもぽつぽつ。
ちょっと欲ばって山麓の神社まで坂を登ってみた。
ジョウビタキに迎えられ、ウグイスの声を聴き、
このあたりのツバキの深く美しい色合いを渡って歩く。

c0028055_22145354.jpg

鳥に出会うなら、この先の山池コースなのだが、
神社周辺で猪が三頭捕まったという話を聞いたばかり。
それでもコジュケイはお構いなし、
「ちょっと来い、ちょっと来い」と誘ってくれる。

  小綬鶏に呼ばれたまでは記憶せり

などということにはならなかったものの、
日照雨が降って、狐の嫁入りがあった。
[PR]
by r_bunko | 2014-03-21 22:18 | ふうら散歩
初音を聴いた、初蝶を見た
風がなく散歩日和、午前中に出た。
コースは南、いつ以来だろう。
山蔭の池にオシドリを見かけた、という去年の情報に乗って、
のらのらの獏的夫婦は行動する。

c0028055_1936642.jpg

町を抜けて、サザンカの大木の跡に寄った。
白い花をいっぱいに着ける名木であった。

  村の入口に
  咲くサザンカはもう無い
  大きな木の
  ましろの
  百千の花は空中に帰った
  切株では
  体は休めても
  魂はやすらがないだろう
       —山茶花 2013

ふうらが一人切り株の上に立って、往年の花を夢想する。幻視する。
(伐られた直後の写真はこちら)(花満開の写真はこちら

こういう村の出入口に立つ木は、みんなが歩いていた時代には
とても大切にされ、愛着されていたのだと思う。
犀川べりの大桑村の大コブシの木が思い出されて懐かしい。

c0028055_1932377.jpg

この日は雲が獏的であったり、豚的、羊的、鰐的であったりした。
竜の落とし子に似た雲もあったし、交尾している雲(?)もあった。
また上部が真っ白で、下部が濃い灰色、変に立体的で、
フォトショップでシャドウ効果か、3D加工を施したような、
珍しい一群も浮かんでいた。

足もとには次々に咲き出した草花たち。
オオイヌノフグリに続いてホトケノザも盛りを迎えて、青と赤、
そこにハコベ属の白も混じって、微小なものたちの時代が続く。
山へ向かうから幾つかの坂はこたえたけれど、
八重紅梅で休み、コガモのいる小池で休みして、
最後に竹林の中の小径を潜り抜けると大池の上に出た。

居たのはマガモ四羽。
当てにしていたわけではないので、別にがっかりもしない。
カワラヒワの声がして、電線に二羽、
ジョウビタキの声があたりをうろうろして、
下の池からはコガモのホイッスルが聞こえてくる。
そうしているうちに、ウグイスが初音を鳴いた。一度だけ。
堤の上ではキチョウが舞った。今年の初蝶である。

最初に道を間違えて、えらく急な坂道を無駄に登ったぶん、
呼吸(気管支)に難のあるものと、
歩行(踵の骨)に難のあるものは、それなりに疲れたけれど、
でもいい散歩だった。
[PR]
by r_bunko | 2014-03-09 19:36 | ふうら散歩
啓蟄の雪と蕗の薹
啓蟄と聞くと、ごそごそ這い出したくなる。
嬰児の頃もそんなで一月も早く飛び出してきたのだろう。
未熟で、早熟で、草々子ときてるから、
生きるのは、うん、苦労したな。

朝の光につられてドアを開けたら、雪が踊っていた。
午前の日和見。
昼下がりの光にはほんとうに連れ出された。
ヒバリの歌を聴きたい、と
水の代わりにゼリー飲料を持たされて。

町を抜けて郊外の耕作地に出た辺りで翳って、
さすがにここでは引き返せず、
寒さにこらえて農道を巡っているうちに雪、いっときは吹雪いた。
(といっても雪国のにくらべると可愛らしい吹雪)

  啓 蟄 の 空 か ら 白 い 虫 の 降 る

こんな日のステージにはヒバリは登らない。
ムクドリとヒヨドリの鋭い地鳴き。
それからチッとか細い声のありかを探して、ホオジロ。

c0028055_2031931.jpg

蛙や蛇にはお目にかからなかったが、
土を割って元気なフキノトウの一群と邂逅した。
[PR]
by r_bunko | 2014-03-06 20:05 | ふうら散歩
懐かしのフィールド散歩
病院でいろいろ検査を受けてきた。
最初の心電エコーは時間もかかるので、技師の指示に従いながら一句探って、
  晩年ハ霞ノ中ヲ飛ブ小鳥
イヤ、小鳥ハ可愛スギルカ、霞ノ中ヲ漕グ小舟、発想ガ陳腐ダナ……などと
息を吸ったり、止めたり、吐いたり、止めたりしながら、結局ものにならず。
晩年は、と詠みにいってしまうほど、今日の霞は濃く、遠目がきかなかった。
他に、スパイロメーター、ABI-PWV、CT検査など立て続けに約一時間強。
結果は後になるが、まあそれなりの用心事項もありそうだ。

せっかくだからと帰りは念願のフィールド散歩。
坂を下って窓から眺めた蝸牛山に向かう。
ハコベが咲き出していたり、マンリョウの赤い実を見つけたり、
久し振りにシジュウカラのおしゃれな恰好を見たりするだけで楽しく嬉しい。
オオイヌノフグリとホトケノザの群生を撮ろうとしたところで、
iPhoneのバッテリーが予告無く終了(そんな、50%はあったはず)。

谷田池は東側ぐるりの垣や藪がすっかり刈られ、
丸山公園裏の杉林周辺も以前に増して藪や下草がなくなった。
これでまた鳥たちの居所が無くなる。
かつてここに来ればいつでも逢えたアオジやアトリやミヤマホオジロ。
藪の好きな鳥たちがどんどん追われて、
藪の好きな鳥たちが好きなぼくが寂しがっている。
それでもこの日、はるか梢でウソらしき鳥影。間近でエナガの群れ。
コゲラやウグイスの声。シロハラが騒ぎ立てる声も聴いた。
c0028055_23131422.jpg
この春は花満杯の姿を見よう撮ろうと楽しみにしていたコブシの花芽が少ない。
昨春はあれほど着けて、大エノキに捧げたのに、これもなんだか淋しい。
(といってもビロードのぎっしりの芽と、花の終わり頃を見ただけ)
根元に寄ってみると、思いがけない草が生えている。
掻き分けると美しい玉がいくつか光った。龍の玉である。七つ貰った。

ゆっくりゆっくり、春を吟味して歩く。
お土産は龍の玉の他に、青軸の蕾、ソヨゴの実、コブシの枯れ枝など。

試験でもあったのか、半ドンの中学生たちとよくすれ違う。
最も遠い村から通っている生徒たちで、草地に座り込んで喋っている女の子も。
道草結構だが、今日はあいにくの霞だよ、と帰ってくると、
緊急にPM2.5の注意報が全国各地に出ているとのこと。
予報を調べての散歩計画だったのに、なんたることか。疲れがどっと出た。
[PR]
by r_bunko | 2014-02-26 23:16 | 自然
春の栄養素
しばらく出ないと脱緑症状みたいになる。
その前に緑を補給しに出かける。
出不精者でも春だけは毎年こうだ。

キンポウゲが夕日に輝き、
クローバーもぽつぽつ花が着き始めた。
いまのところ四つ葉は見当たらない。

村道の電柱にイソヒヨドリのシルエット。
田園地帯にはどこか似つかわしくないが、のんきに囀り。
さすがの美声。
このゆったり感はヒバリをよけい早口にする。

c0028055_23563222.jpg

山では、フジが咲き始め。
ウグイスが鳴き、アオジが藪に隠れる。
iPhoneで鳴る音楽が、ジャズからレゲエに変わる。
菜の花を前にして水と緑を見ていると、
ラスタドラムのリズムについ踊り出したくなる。

ふと目に止まったワラビを摘み、
ナノハナ、シャガ、オドリコソウを土産にする。

農道で自転車の前を小走りによぎっていったヒバリ。
水の抜かれたオニバスの池ではコチドリのこばしり。

夕べの小一時間ほどだったが、これでしばらく保つだろう。
自然はなによりの栄養素。
[PR]
by r_bunko | 2013-04-25 23:59 | 自然
コブシとアオジ
丸山公園裏の林に寄った。
伐られたケヤキからはひこばえ、
コブシは花の名残をとどめていた。
傍らをアオジがよぎり、
どこかでヨタカが鳴いていた。

c0028055_22401977.jpg

山径でアケビ、ウワミズザクラ。
公園へ登ってウコンザクラを見に行く。
サクラを啄むアトリの小群。

再び山径を下りてくると、
このあたりでは聴き慣れない美声。
しばらく聴いているとホオジロ系で、
たぶんアオジだろうと推察出来る。
ツッといつもは藪で小声のはにかみやが、
高らかに誇らかに歌っている。
渡去前のさえずりは珍しい。
鳴き止むと青軸の梅近くに止まり、
帰る際には伐られたケヤキに止まった。
相棒とぼくとアオジの三角形。
とても小さな個体。

そうか、コブシは花まんぱい捧げたのだ。
アオジも木霊日にケヤキで歌ったのだ。
その歌を聴かせてくれたのかもしれない。
そんな話をしながら帰った。
[PR]
by r_bunko | 2013-04-13 22:42 | 自然
大榎 II
樹齢140年の老樹。
癌の末期のような状態で、秋まで保つかどうからしい。
見上げると、ところどころの枝先に新芽を着けている。
これが最後の春と木は自覚するのだろうかどうか。
カメラを構えると一羽の小鳥が飛んできて梢に止まった。
これも縁だな、記念だな、
ズームのほとんど効かないデジカメで難儀して撮り終わると、
小鳥はすっと飛び去っていった。
エノキと、カワラヒワと、ぼくと。三者の一風景。
夕日が傾いて、美しいシルエットを贈ってくれた。

c0028055_18523340.jpg

少し前に書いた詩:

  木霊日

小学校校庭の
榎が病気だという
楢茸擬にやられたそうだ
七年前にも
治療を受けたと聞いたが
また再発したのか
蝸牛山の水楢は心配顔で
権現平の桐に怒鳴った
弱気になるなよ
西日を拝みたまえ!
オレは大丈夫だが
と桐は答えて
金比羅前の山茶花と
公園裏の欅がみんな伐られた
公園裏の辛夷は
花をまんぱい捧げるそうだ
その頃みんなで
歌おうじゃないか
と参道口の阿部槇が割り込んだ
空に向かって
魂魄がなって
なに人間は知らないが
鳥どもは一緒に歌ってくれる
木霊も声を合わせてくれる
[PR]
by r_bunko | 2013-04-09 19:01 | 自然



詩と、絵と、ジャズと……星と鳥と……漂泊文庫便り
by r_bunko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
三日月散歩
at 2014-07-29 23:47
四つ葉のふうら杖
at 2014-06-30 23:54
GWW —ボブ・ディラン
at 2014-05-24 23:50
田舎の細道 —ジプシー・スイング
at 2014-05-18 12:57
ときにはシュール
at 2014-05-11 22:51
金屑と薔薇でフラメンコ
at 2014-05-10 23:30
草の筆で描いた2
at 2014-04-20 23:59
草の筆で描いた
at 2014-04-16 19:07
草の筆いろいろ
at 2014-04-16 19:02
春は五感満開
at 2014-04-14 23:51
カテゴリ
全体
アート
音楽
本・電子本
獏・夢
自然
天文
野鳥
ふうら散歩
北条石仏
播磨
HP・PC・WWW
さまざま
タグ
(73)
(63)
(62)
(46)
(38)
(37)
(36)
(36)
(35)
(31)
(31)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(23)
(21)
(19)
(17)
(15)
(14)
(14)
(13)
(5)
(5)
(3)
(2)
(1)
以前の記事
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...
リンク
お気に入りブログ
絵的生活
他力本願!
書をつま弾く、そして歌う。
ふらんす堂編集日記 By...
マリカの野草画帖
イーハトーブ・ガーデン
詩画倶楽部
ギャラリーきのこ
絵てがみに だんだん
あぴあみのポッケ
粥彦
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧