タグ:植物(春) ( 73 ) タグの人気記事
草の筆で描いた
c0028055_194295.jpg

まず最初にタンポポ筆。
摘む時は見た目よりも硬く感じたけれど、時間が経つと柔らかく萎える。
力を入れようがないので、筆を引きずるようにして描く。
ま、草の筆はみんなそんな按配。
小回りな曲線が描けない。

c0028055_195202.jpg

タンポポが絵も字も苦手だと分かったので、
綿毛の飛んだあとのは、もう抽象的にアバンギャルドにまかせた。
滲みに味が出たりして、これは相棒にも面白がられた。

c0028055_1952530.jpg

三番手はスズメノテッポウ。
茎が比較的硬いので線は引きやすい。文字もなんとかこなす。
でも穂が長いぶん、扱いにくい。むろん墨の含みは無い。

c0028055_1954983.jpg

去年のデビューでは、月下美人や泰山木の筆に気押されて、
眩暈を起こしそうなほど緊張していたツクシも今年は余裕。
タンポポなどの苦闘ぶりに、ほら難しいだろうと微笑できるほど。
感触は分かっているから、ツクシは土筆の肖像画を描いた。
何のことはない、誰にも描きやすい画材。
でもさらさらっと描けて、出来映えも気に入った。

c0028055_196429.jpg

おまけに相棒が摘んで、筆に貰っておいたイタドリの登場。
先っぽの穂が黒く乾いてポロポロ剥がれたけれど、
全体に硬めで多少の力を入れることも出来る。

これからも使ってみようかと思うのは、イタドリくらい。
ツクシもそれほどの描き味ではないけれど、名前が土の筆だから。
文房にあって楽しいのは、やっぱり月下美人筆、泰山木筆。
姿がいいね。見惚れるね。
[PR]
by r_bunko | 2014-04-16 19:07 | アート
草の筆いろいろ
今年もツクシで何か描こうと、散歩の度に頃合のものを摘んだ。
だのに坂を登ってきたとか、ちょっと歩きすぎたとかでぐったり。
夜昼ひっくり返っていると、夜半から腰も心根も座るのだけれど、
いまは朝起きを正しく継続中。夜には正しく眠気が来る。
で、絵は描かずに、せっかくのツクシはぐったりと萎える。
これではツクシに申し訳ないとまた散歩で摘んできて、そのまま。
そうこうしている内に春はスピードを上げて、ツクシも消えてゆく。

今日こそと探しに行ったら、目当ての場所は杉菜ばかりになっていた。
ぶらぶら日暮れを帰るうちに、閉じたタンポポが筆の穂に見えてきた。
いい筆恰好のを摘み、綿毛を飛ばした後のも二本仕入れる。
ついでに目に入ったスズメノテッポウも一本。
ツクシもなんとか見つかって、あとは帰って描くだけ。
ところが眼鏡をかけ忘れて出たせいか、目からどっと疲れていた。

これでは筆にと願った草たちに済まないので、墨を磨った。
創作には気力がいる。いい気と、その気を吹き込む力がいる。
疲れが酷いと思ったので、硯の蓋をして、一旦休憩。
食事でエネルギーを補給し、さらに休養して、やっと復活。

c0028055_17572448.jpg

写真の草の筆たち:
右からスズメノテッポウ、タンポポ綿毛後、タンポポ閉花、ツクシ、
一番左は相棒がずっと以前に摘んできたイタドリ。
[PR]
by r_bunko | 2014-04-16 19:02 | アート
春は五感満開
大気汚染を心配するよりは、運動不足を心配せよ、
と医者に言われたので、連日の散歩。
でものらりくらり、道端の草花を眺め、
おっと思えば双眼鏡を取り出してどこやらを望む。
運動にはならない道草道中だけれど、
五感の散歩、精神の散歩にはなるだろう。

おとといの背高桜林は花の名残を楽しめた。
きのうの四つ葉スポットでは30枚余を発見。
きょうは自転車で水汲みと買い物。
途中オキナグサを見て、イソヒヨドリを聴いた。

夜は満月と火星。
危機の海が上に位置していた。
火星は地球最接近らしい。
南に色白のスピカが加わって三角形を形づくる。

       
       


   
[PR]
by r_bunko | 2014-04-14 23:51 | 自然
北条節句祭2014宵宮
午前中、屋台を探してうろうろし過ぎ、
いつもの散歩ペースとも違うので、ちょっと息切れ。
自重せねばと思いつつ、宮入ではついつい写真を撮ってしまう。
もう小回りはきかないんだから、と
あたりを見回せば、カメラを抱えた老人男女が目立つ。
危ないなあ、と自分のことは棚に上げて。
中でカメラ少年が一人走り回って、なかなかの健闘ぶり。
でも昔は境内練り場に観客は入れなかったんだよなあ。
場内アナウンスも無かったから、
もっと乗り子のこどもたちの声が届いてたし、
それに応える担ぎ手のおとなたちも元気にがくっていたものだ。
c0028055_2322925.jpg

住吉神社の宮入では、相棒が東高室の練りに感心していた。
差し上げの美しさでは定評があるが、境内を回る場合にも、
乗り子の囃子に合わせて、丹念に揺すって返している。
この地区には、なにか全体に統一された美意識があり、
全員の雰囲気も良く、しずかに落ち着いて頼もしい。

ことしは六年ぶりに14基の化粧屋台が揃うとか。
二年続きで春嵐が襲って来そうだが、なんとか保っている。
桜は満開。
露店の裏ではたんぽぽも花盛り。
ここの花たちは無事だろうけど、
勅使塚に咲いていたたんぽぽやすみれは踏み潰されるだろうな。

c0028055_23164176.jpg

夕方からは雨。
さすがに疲れて春炬燵でごろ寝、御旅所の宮入はパスした。
[PR]
by r_bunko | 2014-04-05 23:23 | 播磨
ウソとハートとキツツキ
西か東か、三鬼の忌。
でも北に行った。
山裾の桜林。
鷽(ウソ)に会いたかったのだ。

  鷽鳥に会いに四月の第一歩

寒かった今年は花が一斉に咲いている。
梅こそ終わったが、連翹、雪柳、木瓜、梨、木蓮、そして桜。
足下には蒲公英、仏の座、姫踊子草、薺、種付花、胡瓜草。
菜の花や蓮華も畑を彩って、土筆もつくつくと出ている。
菫や水仙はいろいろな種類が楽しめる。

c0028055_23224458.jpg

畑にはハートも咲いていた。
四つ葉の羽がくるくる回る風向計。
春風には相応しい風景だね。
この畑の持ち主は、古い荷車を小川の橋に使ったり、
遊びのセンスがいい。どんな人だか知らないけれど。

さて、背高桜林。
猪対策の柵だらけで、径は一本。畦を伝って池から登る。
暢気に鷽と蕾を愛でるつもりが、七分か八分の咲きよう。
この東屋を桜の書斎にしたいと夢見たこともあった。
誰も訪れないのか、二面ある大机はうっすら緑の苔か黴。
ウソ吹きはいなかったけれど、キツツキが来た。

c0028055_23233075.jpg

[PR]
by r_bunko | 2014-04-01 23:32 | 自然
燕が来た sanpo
なかなか、ぽかぽかこない。
気温も低く風もあるが、適度に散歩しないと。
相棒は朝方、町外れの山に登ってヤマガラを見たらしい。
あののんびりした歌声は春を感じさせるね、
いいね〜、うらやましいね〜、と
夕刻一人でいつものコースに出た。

町を抜けるまでの家々の庭に、
ボケ、ミツマタ、ミモザなどを楽しませてもらっていると、
不意に空き地の空を切って翻った鳥がいた。
ツバメの第一羽で、来た頃は高くを飛ぶ。
しばらく無かったスピードが空に戻って新鮮。
雲もすこぶる速い。

村へ出て、畦道や農道をぶらぶら、
タンポポ、ホトケノザの彩り、ヒメオドリコソウもぽつぽつ。
ちょっと欲ばって山麓の神社まで坂を登ってみた。
ジョウビタキに迎えられ、ウグイスの声を聴き、
このあたりのツバキの深く美しい色合いを渡って歩く。

c0028055_22145354.jpg

鳥に出会うなら、この先の山池コースなのだが、
神社周辺で猪が三頭捕まったという話を聞いたばかり。
それでもコジュケイはお構いなし、
「ちょっと来い、ちょっと来い」と誘ってくれる。

  小綬鶏に呼ばれたまでは記憶せり

などということにはならなかったものの、
日照雨が降って、狐の嫁入りがあった。
[PR]
by r_bunko | 2014-03-21 22:18 | ふうら散歩
初音を聴いた、初蝶を見た
風がなく散歩日和、午前中に出た。
コースは南、いつ以来だろう。
山蔭の池にオシドリを見かけた、という去年の情報に乗って、
のらのらの獏的夫婦は行動する。

c0028055_1936642.jpg

町を抜けて、サザンカの大木の跡に寄った。
白い花をいっぱいに着ける名木であった。

  村の入口に
  咲くサザンカはもう無い
  大きな木の
  ましろの
  百千の花は空中に帰った
  切株では
  体は休めても
  魂はやすらがないだろう
       —山茶花 2013

ふうらが一人切り株の上に立って、往年の花を夢想する。幻視する。
(伐られた直後の写真はこちら)(花満開の写真はこちら

こういう村の出入口に立つ木は、みんなが歩いていた時代には
とても大切にされ、愛着されていたのだと思う。
犀川べりの大桑村の大コブシの木が思い出されて懐かしい。

c0028055_1932377.jpg

この日は雲が獏的であったり、豚的、羊的、鰐的であったりした。
竜の落とし子に似た雲もあったし、交尾している雲(?)もあった。
また上部が真っ白で、下部が濃い灰色、変に立体的で、
フォトショップでシャドウ効果か、3D加工を施したような、
珍しい一群も浮かんでいた。

足もとには次々に咲き出した草花たち。
オオイヌノフグリに続いてホトケノザも盛りを迎えて、青と赤、
そこにハコベ属の白も混じって、微小なものたちの時代が続く。
山へ向かうから幾つかの坂はこたえたけれど、
八重紅梅で休み、コガモのいる小池で休みして、
最後に竹林の中の小径を潜り抜けると大池の上に出た。

居たのはマガモ四羽。
当てにしていたわけではないので、別にがっかりもしない。
カワラヒワの声がして、電線に二羽、
ジョウビタキの声があたりをうろうろして、
下の池からはコガモのホイッスルが聞こえてくる。
そうしているうちに、ウグイスが初音を鳴いた。一度だけ。
堤の上ではキチョウが舞った。今年の初蝶である。

最初に道を間違えて、えらく急な坂道を無駄に登ったぶん、
呼吸(気管支)に難のあるものと、
歩行(踵の骨)に難のあるものは、それなりに疲れたけれど、
でもいい散歩だった。
[PR]
by r_bunko | 2014-03-09 19:36 | ふうら散歩
懐かしのフィールド散歩
病院でいろいろ検査を受けてきた。
最初の心電エコーは時間もかかるので、技師の指示に従いながら一句探って、
  晩年ハ霞ノ中ヲ飛ブ小鳥
イヤ、小鳥ハ可愛スギルカ、霞ノ中ヲ漕グ小舟、発想ガ陳腐ダナ……などと
息を吸ったり、止めたり、吐いたり、止めたりしながら、結局ものにならず。
晩年は、と詠みにいってしまうほど、今日の霞は濃く、遠目がきかなかった。
他に、スパイロメーター、ABI-PWV、CT検査など立て続けに約一時間強。
結果は後になるが、まあそれなりの用心事項もありそうだ。

せっかくだからと帰りは念願のフィールド散歩。
坂を下って窓から眺めた蝸牛山に向かう。
ハコベが咲き出していたり、マンリョウの赤い実を見つけたり、
久し振りにシジュウカラのおしゃれな恰好を見たりするだけで楽しく嬉しい。
オオイヌノフグリとホトケノザの群生を撮ろうとしたところで、
iPhoneのバッテリーが予告無く終了(そんな、50%はあったはず)。

谷田池は東側ぐるりの垣や藪がすっかり刈られ、
丸山公園裏の杉林周辺も以前に増して藪や下草がなくなった。
これでまた鳥たちの居所が無くなる。
かつてここに来ればいつでも逢えたアオジやアトリやミヤマホオジロ。
藪の好きな鳥たちがどんどん追われて、
藪の好きな鳥たちが好きなぼくが寂しがっている。
それでもこの日、はるか梢でウソらしき鳥影。間近でエナガの群れ。
コゲラやウグイスの声。シロハラが騒ぎ立てる声も聴いた。
c0028055_23131422.jpg
この春は花満杯の姿を見よう撮ろうと楽しみにしていたコブシの花芽が少ない。
昨春はあれほど着けて、大エノキに捧げたのに、これもなんだか淋しい。
(といってもビロードのぎっしりの芽と、花の終わり頃を見ただけ)
根元に寄ってみると、思いがけない草が生えている。
掻き分けると美しい玉がいくつか光った。龍の玉である。七つ貰った。

ゆっくりゆっくり、春を吟味して歩く。
お土産は龍の玉の他に、青軸の蕾、ソヨゴの実、コブシの枯れ枝など。

試験でもあったのか、半ドンの中学生たちとよくすれ違う。
最も遠い村から通っている生徒たちで、草地に座り込んで喋っている女の子も。
道草結構だが、今日はあいにくの霞だよ、と帰ってくると、
緊急にPM2.5の注意報が全国各地に出ているとのこと。
予報を調べての散歩計画だったのに、なんたることか。疲れがどっと出た。
[PR]
by r_bunko | 2014-02-26 23:16 | 自然
散歩をしてみた
そろそろ散歩したくてうずうずしていた。
寒く風の強い日が続いたが、今日はどうか。
午後一旦外出準備までして、日が翳って断念。
夕刻に日射しが戻って思い切って出た。
カメラも双眼鏡も持たない。iPhoneのみ。
ふらふらの時に誤ってトイレに落とした4sである。
ぼくもかれも臥せって徹底安静。
先に起動したのはこちら。
あちらはじっくり乾かしてようやく復活した。
その病み上がりコンビの初めての散歩である。

あては、幾つかあるコースの中で最短の羅漢寺。
水仙のラッパに吹かれて、
オオイヌノフグリに瞬かれて、
なんだか眼鏡の焦点が合わないので訥々と歩く。
途中、小学校の大榎に寄った。
生きているとも死んでいるとも立ち姿では判らない。

c0028055_23112290.jpg

羅漢寺では、素心蝋梅と白侘助。
夕日が射して華やぎ、曇ればまた翳るらかんたち。
iPhoneは幾枚かの写真を失敗し、
ぼくもまた気温の下がった帰りはほうほうの体。
でも、よかったな。
明日からは散歩日和になりそうだし。
[PR]
by r_bunko | 2014-02-22 23:13 | 北条石仏
立春のロゼット
c0028055_18271992.jpg

暦の上で春は立ったが、空からは雪がひとひら、ふたひら。
雲は広がって厚く、風は冷たい。
それでも時折陽射しがあるのが播磨のほっとするところか。

隣の空き地で、立春のロゼットを巡ってきた。
パッと見てすぐに何の、と判別できるものは少ない。
オニノゲシ、オニタビラコ、タンポポ……。
ここは少し草丈が高くなると除草剤を撒かれてしまうので、
一年を通しての草の盛衰を追えず、その分印象も薄い。
ロゼット植物はこんな環境が好きなようである。
いまここで花を着けているのは、ナズナと、
よく見れば地面に這いつくばって可憐なトキワハゼ。
カンサイタンポポで花が萎れたのが一株、
綿毛を寒風に晒しているのが一株あった。

c0028055_18301038.jpg

立春の旅(散歩)をしてみたいけれど、病み上がりは隣がせいぜい。
雲は分厚く西から流れるのと、薄くて速い南からのが交差する。
慌ただしい空にしろじろとした繊月が出たり隠れたり。
[PR]
by r_bunko | 2014-02-04 18:32 | 自然



詩と、絵と、ジャズと……星と鳥と……漂泊文庫便り
by r_bunko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
三日月散歩
at 2014-07-29 23:47
四つ葉のふうら杖
at 2014-06-30 23:54
GWW —ボブ・ディラン
at 2014-05-24 23:50
田舎の細道 —ジプシー・スイング
at 2014-05-18 12:57
ときにはシュール
at 2014-05-11 22:51
金屑と薔薇でフラメンコ
at 2014-05-10 23:30
草の筆で描いた2
at 2014-04-20 23:59
草の筆で描いた
at 2014-04-16 19:07
草の筆いろいろ
at 2014-04-16 19:02
春は五感満開
at 2014-04-14 23:51
カテゴリ
全体
アート
音楽
本・電子本
獏・夢
自然
天文
野鳥
ふうら散歩
北条石仏
播磨
HP・PC・WWW
さまざま
タグ
(73)
(63)
(62)
(46)
(38)
(37)
(36)
(36)
(35)
(31)
(31)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(23)
(21)
(19)
(17)
(15)
(14)
(14)
(13)
(5)
(5)
(3)
(2)
(1)
以前の記事
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...
リンク
お気に入りブログ
絵的生活
他力本願!
書をつま弾く、そして歌う。
ふらんす堂編集日記 By...
マリカの野草画帖
イーハトーブ・ガーデン
詩画倶楽部
ギャラリーきのこ
絵てがみに だんだん
あぴあみのポッケ
粥彦
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧