カテゴリ:HP・PC・WWW( 37 )
iPad miniと話した
c0028055_19293291.jpg

iPad miniが来て一ヶ月。
保護フィルムをマットにしたせいか、落ち着いた画面で、
ずっと前からあったような気がするほど机周りに馴染んでいる。
言い方を変えれば、あまり新鮮さは無かったということか。
まだ外に連れ出したこともなく、家の中でもあちこちしない。
メイン機の傍らで電子書籍の表示確認が日々のお仕事。
アプリもほとんど入れず、
音楽も画像も移していない。
カメラは庭に来る雀のひなを数枚撮っただけ。
秘書機能に関しては、
スクリーンショットを撮ろうとしてSiriが起ち上がり、
思わず「Siriじゃないの!」と呟いたら、
——あなたがそう言うのなら、そうかもしれません。
と答えられたのが最初の会話となった。
[PR]
by r_bunko | 2013-06-24 19:35 | HP・PC・WWW
iPad miniが来た
14日未明にホトトギスの初音を聴いてから、毎夜その声を耳にしている。
町中にウグイスはいないだろうから、一羽が逗留しているのではあるまい。
次々に渡っていくほど、この夏はホトトギスが多いのか?

十露一句が百日になった。
一日一句と強いたわけではないが、欠句なく続いた。
無理をせず、高望みをせず、淡々と作句したのが良かったのかもしれない。
出来には不満はある。あって当然なほど俳句から離れていた。
ぼちぼちに俳句の感覚を取り戻したい。俳句の勘を掴んでいきたい。

そんな日に、iPad miniが届いた。
今秋と噂されるiPad mini2まで待てなかったのである。
愛用するならmini、
実用なら大は小を兼ねるiPad。
Retinaディスプレイ、解像度の問題など迷いに迷って、
ついにiPadに決定、Apple Storeのカートにまで入れて、大逆転。
やっぱり、手の大きさ、体の大きさ、机の広さに合ったものにしょう。
24ドットのワープロ文字や、
32000色フルカラーで十分楽しんでこれたのだから、
Retinaディスプレイに拘ることもなかろう、とあいなった。

c0028055_103744.jpg

さっそく、ePub完成の「サックスマン」をiBooksに読み込んでみた。
見開きが、いい感じ。
フロッピー(エキスパンドブック)版以来、14年振りに復刻なるかもしれない。
[PR]
by r_bunko | 2013-05-25 01:03 | HP・PC・WWW
タイムマシン
c0028055_21391516.jpg

Mac Miniの外付けハードディスクに
Western Digital社のMy Passport for Macを購入。
1TB、USB3.0。
これでバックアップもタイムマシン整備に。

人間も国土も壊れた時はタイムマシンで復帰できればなぁ。
[PR]
by r_bunko | 2013-03-12 21:41 | HP・PC・WWW
コンピュータ導入記念日
1996年の日記より:

c0028055_23232840.jpg

  2月9日(金)
  Y君、中古のClassic llに漢字Talk7.5をインストールし、そのまま置いていく。
  可憐な妖精のようなデザイン。おそるおそるマウスをいじってみる。

  2月12日(月)
  ワープロ画面、突然下半分が故障。読み書きは出来るが、不自由このうえない。

  2月22日(木)
  ワープロ機ついにダウン。互換性のある機種を購入する予定はなく、
  4年間の創作、資料、データでプリントしていないものをどうするか、途方に暮れる。

  2月26日(月)
  夕刻、最後の一台がある、とY君よりtel。銀行に走り、ショップに走る。
  ついにコンピューター導入。Performa 6210、メモリを32MBに増設。
  明け方、Hypercard操作中、初めてのフリーズに見舞われる。

c0028055_23235290.jpg


以来、17年経った。
[PR]
by r_bunko | 2013-02-26 23:27 | HP・PC・WWW
ブログで俳句帖
非公開のデータベースをブログで作ろうと
WordPressの導入を検討したが、諸々の事情で諦めた。
それで日本語版の無料ブログを試していて、
テスト記事を投稿するのに即興で俳句をひねり出した。
デフォルトのテーマ(スキン)は悪くないし、広告もない。
データベースは他に譲ったので、さてどうしょうか。
次の日も開いて見ていたところ、また一句出来た。
それなら長く離れて足腰の弱っている俳句でも再開してみるか。
無理せず一日一句、ウォーキングのつもり、
雨が降ったらお休みでよしとして、俳句以外は書かない。
で、三日坊主は通り越した。
正式にブログ・タイトルも付けてみた。
 「十露一句」…十露は俳号。そろ、と読む。

ちなみにWordPressのコードネームは、
バージョン1.2 Mingusから始まって代々ジャズマンの名。
例えば、2.0 Duke…2.7 Coltrane…3.0 Thelonious…
3.1 Reinhardt…3.3 Sonny…と続いて現在は3.5 Elvin。
好みのミュージシャン・バージョンを使うというものではないので、
なんだか惜しげもなく、という気がしないでもない。
[PR]
by r_bunko | 2013-02-17 20:51 | HP・PC・WWW
言葉が消えた?
ウェブ・ブラウザからコピーした自分の文章をT-Timeに反映させると、
最初は気が付かなかったが、よく見ればある言葉だけがすっぽり抜けていた。
   その詩も、生き方も、モグモグとして、
   <マコトノシロユメクサ>を食べている人ならではの感がした。
山之口貘についての文章で、煙のように蒸発していたのは<マコトノシロユメクサ>。
この時に初めて使った造語で、やっぱり儚いゆめまぼろしのような言葉は、
知らぬうちに消えてしまったりするんだな、とつい思い込みやすいのではあるが。

しばらく試行錯誤して、《》の代用で言葉はうつつに復帰した。
原因はマコトノシロユメクサを包んだ記号が実際は半角で、
それを表示させるのに特殊文字コードで記述してあったこと。
[PR]
by r_bunko | 2013-02-12 18:39 | HP・PC・WWW
本日の便り
iPad miniが出た。

ジョウビタキがやって来た。

どちらがうれしかったか?
[PR]
by r_bunko | 2012-10-24 23:50 | HP・PC・WWW
Mini USBファン登場
まだ四月だというのに、
iBookG4のハードディスク温度が上昇、時に50度を越える。
動画は極力見ないようにし、iTunesから音楽を流しっ放しも止めた。
ところがCDデッキが壊れていて、代役の簡易プレーヤーも不調。
今日は久々にレコードで『バド・パウエル・イン・パリ』を聴いたが、
音無の時間が増えた。耳が渇してくるとMac MiniのiTunesにお願い。
あちらの方はTemperature MonitorがLionに未対応で、
30度をなかなか上回らないでいるが、どこまで信用できるか。

卓上扇風機の出番はまだ早いので、
相棒の旧iBook用だったMini USBファンを借りることにした。
これで底上げしたiBookの放熱スペースに風を送り込む。
52度まで上がっていたのが徐々に40度近くまで下りてくれるが、
微弱とは言え、やはりまだ体に流れてくる風が毒のようで、
止めたり点けたり、これからノート・パソコン特有の闘いが続く。

USBファンのテストで聴いた本日の一曲、懐かしの「紅孔雀」。
[PR]
by r_bunko | 2012-04-27 23:55 | HP・PC・WWW
Mac Miniのメモリ換装
1GB x 2 → 4GB x 2 に増設。

本体底面カバーのロックが固くて、外すのに一苦労。
反時計回りに回すだけなのだが、指が痛くなった。
滑り止めマットを当てて、二人がかりでやっと開いた。
最初の締め付けに個体差がありそうで、一度回ると後は軽くなる。
静電気対策をしっかりして、メモリモジュール抜き差しを慎重に。
換装後Mac Miniを起動して《このMacについて》を見ると、
8GB搭載と認識してある。
アクティビティモニタでの起動直後の状況は画像の通り。
これでページアウトも発生せず、快適に走るだろう。

c0028055_14185574.jpg

羨ましいね、とメモリ1.5GBのiBookG4は、
空き容量が少なくなると、Libera Memoryのお世話になる。
非使用中のメモリを解放して、空きを増やしてくれるフリーソフト。
フル装備の構成でこれだから、Mac Miniは厳しかったはず。

それにしてもメモリが入手しやすくなった。
Apple Storeの価格の10分の1というのは驚き。

さてこれで、Safari、iLife以外に何もなく、
ただ新しいだけの丸腰LionくんだったMac Miniに、
iBook Authorが来て、Gimpが使えて、メモリがフル搭載、
だんだん環境が整って、この春はiPhoneの母艦を卒業だな。
[PR]
by r_bunko | 2012-03-23 14:21 | HP・PC・WWW
愛用の小筆
ブログのヘッダ画像を新調した。
わが愛用の文房具たち。
筆は右が鳳竹堂の「宙遊」で、確か試作品だったと思う。
金沢のかゆう堂でもとめて描き心地良好の旨を伝えたが、
正式な製品になった時にはデザインがすっかり変わっていた。
メーカー(というより職人さん)のページを訪ねてみると、
現在「宙遊」名義の筆は中・小・極小と三種、
いずれも軸は黒で、手元の試作品よりも穂が長い。
愛用の一本は二俣の手漉き葉書(楮)や二層紙など、
厚めの紙を得意としたのでよく使って命毛が摩耗した。
新しいのに取り替えたくてもそれが出来ないのが残念。

鳳竹堂は板橋区の無形文化財S氏の江戸筆製作所ということだが、
白山・浅の川・加賀などの銘を見ると、金沢にゆかりのある方か。
画筆には「かゆう」という面相筆も四種、
初代かゆう堂主人でもある女流洋画家に因んだ銘か。
二代目かゆう堂の奥さんの名前にあやかったのは「初音書」、
これは書道用で一本手元にあるが、今はカタログにない。

左の筆は相棒からちょっと借りているデザイン用の面相筆。
文字書きのリリーフだったが、あまり仕事は……

  ※

散歩や自転車での遠出で鳥や草花を楽しんでいた頃なら、
こんな画像をヘッダにしなかったろうな、と後から思う。
寒さと、やっぱり気管支の問題で、ついつい出不精になる。
啓蟄も過ぎたし、蠢かなくてはね。
[PR]
by r_bunko | 2012-03-09 23:38 | HP・PC・WWW



詩と、絵と、ジャズと……星と鳥と……漂泊文庫便り
by r_bunko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
三日月散歩
at 2014-07-29 23:47
四つ葉のふうら杖
at 2014-06-30 23:54
GWW —ボブ・ディラン
at 2014-05-24 23:50
田舎の細道 —ジプシー・スイング
at 2014-05-18 12:57
ときにはシュール
at 2014-05-11 22:51
金屑と薔薇でフラメンコ
at 2014-05-10 23:30
草の筆で描いた2
at 2014-04-20 23:59
草の筆で描いた
at 2014-04-16 19:07
草の筆いろいろ
at 2014-04-16 19:02
春は五感満開
at 2014-04-14 23:51
カテゴリ
全体
アート
音楽
本・電子本
獏・夢
自然
天文
野鳥
ふうら散歩
北条石仏
播磨
HP・PC・WWW
さまざま
タグ
(73)
(63)
(62)
(46)
(38)
(37)
(36)
(36)
(35)
(31)
(31)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(23)
(21)
(19)
(17)
(15)
(14)
(14)
(13)
(5)
(5)
(3)
(2)
(1)
以前の記事
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...
リンク
お気に入りブログ
絵的生活
他力本願!
書をつま弾く、そして歌う。
ふらんす堂編集日記 By...
マリカの野草画帖
イーハトーブ・ガーデン
詩画倶楽部
ギャラリーきのこ
絵てがみに だんだん
あぴあみのポッケ
粥彦
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧