ジャズ喫茶「ヨーク」の奥井さん
ジャズ喫茶「ヨーク」の奥井さんが亡くなって10年経った。
あの年はこちらも恐慌状態で、見舞いにも行けず、
最後の言葉も交わせずに逝かれてしまったことが今なお無念。

縁もゆかりも無かった北国にあれだけ長く暮らせたのは、
街にすばらしいジャズ喫茶があったこと、
二本の川が流れていて、その一つの畔に住めたこと、にある。

c0028055_2358549.jpg

写真は《片町ヨーク》時代の青い円筒形スツール。
片町店の最後の夜につきあって、記念に戴いた。
絵を描く時の椅子や、いろんな際の補助椅子としていまだ実用。
この上に乗って店内の照明ランプを取り替えていた奥井さんの姿も懐かしい。
うしろのアルバムは左から:
 Jack DeJohnette featuring Lester Bowie / ZEBRA
 Teo Macero with the Prestige Jazz Quartet / TEO
 Loui Armstrong / his greatest years vol.4
折々にマスターに貰ったもので、いずれも愛聴盤になっている。

田舎に引っ込んでからこの10年、
ジャズ喫茶というものへは、神戸元町の「JamJam」へ一度行ったきり。
アルバムも整理して簡素に聴くことにしていたはずが、
ディック・ツワージクを知ったり、バリー・ハリスを聴き直したり、
その度に、奥井さんがいれば話を聞いてみたかった、と痛切に思う。
いま流れているテオ・マセロの一曲目「Ghost Story」、
マルの作曲だけれど、この幻想的で美しい演奏の中から、
奥井さんの幽霊でも現れて来ないものか。
あちらの世界に戻せないほど、聞きたいこと話したいことがいっぱいある。
せめてあれだけジャズが体に馴染んだ人の、ベスト10枚。
だれか生前に聞き出していないものか。
どれもこれも愛しているので、選べない選ばないだろう、と承知の上で。
[PR]
by r_bunko | 2013-06-17 23:59 | 音楽
<< iPad miniと話した 四つ葉散歩 >>



詩と、絵と、ジャズと……星と鳥と……漂泊文庫便り
by r_bunko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
三日月散歩
at 2014-07-29 23:47
四つ葉のふうら杖
at 2014-06-30 23:54
GWW —ボブ・ディラン
at 2014-05-24 23:50
田舎の細道 —ジプシー・スイング
at 2014-05-18 12:57
ときにはシュール
at 2014-05-11 22:51
金屑と薔薇でフラメンコ
at 2014-05-10 23:30
草の筆で描いた2
at 2014-04-20 23:59
草の筆で描いた
at 2014-04-16 19:07
草の筆いろいろ
at 2014-04-16 19:02
春は五感満開
at 2014-04-14 23:51
カテゴリ
全体
アート
音楽
本・電子本
獏・夢
自然
天文
野鳥
ふうら散歩
北条石仏
播磨
HP・PC・WWW
さまざま
タグ
(73)
(63)
(62)
(46)
(38)
(37)
(36)
(36)
(35)
(31)
(31)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(23)
(21)
(19)
(17)
(15)
(14)
(14)
(13)
(5)
(5)
(3)
(2)
(1)
以前の記事
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...
リンク
お気に入りブログ
絵的生活
他力本願!
書をつま弾く、そして歌う。
ふらんす堂編集日記 By...
マリカの野草画帖
イーハトーブ・ガーデン
詩画倶楽部
ギャラリーきのこ
絵てがみに だんだん
あぴあみのポッケ
粥彦
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧